BIOGRAPHY

生誕祭 Unplugged ONEMAN LIVE
予てより、激しいバンドサウンドを用いた活動だけでなく、アコースティック編成での活動にも力を入れてきた歌澄。自身でも幼少期からピアノを学び、現在も作曲の際には必ず鍵盤を用いる。合唱団に所属していた時期も有り、声楽を取り入れた歌唱はロック歌手の中では異彩を放っている。
この度、偶然にも誕生日の近かった二人と、共同でバースデーライブを行うことが決定。
照明は点けるものの、音楽を奏でる際に一切の電力を使用しない完全なアンプラグドライブとなる。

Tenor

歌澄

birthday 8/31
twitter

Guitar

birthday 8/15
twitter

Piano

マヤ

birthday 9/7
twitter